美容師の私の仕事や日常を綴ったブログです。


by saeyk8g6qu
 農林水産省は12日、宮崎県西都市に避難中の優良種牛5頭について、口蹄(こうてい)疫に感染していないことが再確認されたと発表した。これを受け、同県は避難先を中心に設定していた移動制限区域を13日午前零時に解除した。農水省はまた、口蹄疫対策特別措置法に基づき、通行車両に消毒を強制できる地域として、同県に続き、隣接する大分、熊本、鹿児島の3県全域を指定した。
 優良種牛5頭については、6日までに抗体検査で陰性が確認されたが、制限区域解除に際し再検査していた。県は事態が終息するまで避難先で管理する。
 3県の消毒義務は、口蹄疫を警戒した各県の申請に基づくもので12日から適用した。これにより、3県が通行車両に協力を求めていた消毒に強制力が出る。消毒は、タイヤへの薬品散布や指定地点での消毒マットなどで行われる。 

タクシーで暴れ、乗り逃げ…松阪市職員を逮捕(読売新聞)
介護疲れで無理心中=84歳の母死亡、長男逮捕―兵庫・加古川(時事通信)
はやぶさ 「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
AKB48事務所に脅迫文送る=容疑で27歳男逮捕―警視庁(時事通信)
「日本人に敵意」… 日本語言い違え、慌てて「世界で最も尊敬できる人」(産経新聞)
[PR]
# by saeyk8g6qu | 2010-06-18 12:35
 6日午後11時40分ごろ、大阪市都島区東野田町の飲食店「焼肉&中華王将」から出火、木造2階建ての同店など計6棟、延べ385平方メートルが焼けた。男性店長(59)が、首や腕に軽いやけどを負った。

 都島署によると、出火当時、店は営業中だったが、店内には店長1人だった。店長は「天ぷら鍋を火にかけ、休憩していたら火の手があがった」などと話しており、都島署は7日、消防とともに実況見分を行い、詳しい出火原因を調べる。

 現場は、JR京橋駅北約200メートルの居酒屋や飲食店が並ぶアーケードの商店街。店内から逃げ出した商店主らが、消火活動を見守った。

 近くの食堂で後片付けをしていた女性従業員(58)は、大声に気づいて外に出ると、煙が立ちこめ「ドン」という音とともに、出火元の店の2階の窓から火が吹き出たという。「何もかもそのままで逃げてきた。店がどうなっているか心配です」と呆然(ぼうぜん)とした表情。

 立ち飲み店の女性店主(30)は「商店街の中がどんどん熱くなってきて逃げた。爆発音を5回ぐらい聞いた」と話していた。

【関連記事】
大阪府営住宅で火災 女性死亡
マンション火災、45歳会社員死亡 大阪・和泉
「絵が上手だった」大分の民家火災で死亡した姉弟
住宅火災で男性死亡 署員の訪問直後に出火、自殺か 群馬・みなかみ
大阪ガスの警報器「ぴこぴこ」30周年
「はやぶさ」帰還へ

衆院議長不信任案提出へ=内閣・首相問責も最終調整―野党(時事通信)
菅首相誕生へ 野党、風向き変化警戒(産経新聞)
喫煙注意された客が車掌と押し問答、電車運休(読売新聞)
関東甲信、深夜から激しい雨予想(読売新聞)
菅新内閣に期待57% 本社・FNN合同世論調査(産経新聞)
[PR]
# by saeyk8g6qu | 2010-06-07 23:10
 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は25日、公益法人を主な対象にした「事業仕分け第2弾」後半の最終日の作業を行い、13法人14事業のうち4事業を廃止と判定した。20日からの4日間で70法人82事業の仕分けを行い、38事業が廃止になった。25日は国土交通省所管の全日本トラック協会(全ト協)が対象となり、都道府県から各地のトラック協会への交付金の一部を全ト協に「上納」する制度が取り上げられた。自民党の支持基盤だった全ト協は政権交代後、民主党に接近しており「政治銘柄」として注目されたが、仕分け人から不透明さを指摘する声が相次ぎ、制度自体の「見直し」となった。

 全ト協を巡っては、制度が複雑なため、税金が原資の事業の適切性の判断がしにくいことが問題視された。

 都道府県は各トラック協会に「運輸事業振興助成交付金」を計約175億円交付。その25%の約44億円を全ト協が受け取り、トラック業者の指導・啓発や環境対策事業などを行っている。76年に軽油引取税(都道府県税)の暫定税率が引き上げられた際、軽油を大量に使う運送業者への配慮から自治事務次官通知(当時)で国が都道府県に要望して導入された制度だ。

 仕分けでは「国交省の政策に沿った事業が多いが、(交付金の支出は)知事の判断。あいまいで説得力、透明性、説明責任があるのか」と指摘された。実際、大阪府の橋下徹知事が「官僚の紙切れ1枚で補助金が形作られている」と批判し、10年度から交付金を削減。鳥取県も04年度から削減している。

 また、全ト協の常勤役員6人中4人、各県のトラック協会の計94人中59人が中央省庁や自治体職員OBで占められており、仕分け人の蓮舫参院議員は「尋常ではない」と指摘。民間仕分け人の速水亨・速水林業代表も「誰のためにこの組織を動かしているのか、ちょっとおかしいんじゃないかとみんなが思う」と批判した。結局、仕分け人10人全員が制度自体と天下りの多さの「見直し」を求めた。

 交付金制度については、前哨戦が繰り広げられていた。担当閣僚の原口一博総務相は3月11日の刷新会議の席上、片山善博議員(前鳥取県知事)から「法的根拠は何もなく通達で税を巻き上げてきた」と見直しを迫られていた。原口氏は「やめました」と繰り返したが、4月1日付で各都道府県に副総務相名で「引き続き適切に対応されるようお願いします」との通知を流し制度を継続。5月18日の刷新会議で片山氏に説明を求められた原口氏は「(民主)党からの要望で」と釈明した。

 全ト協は100人超の民主党議員が参加する「トラック議員連盟」とも連携し、前原誠司国交相が提案した高速道路の新料金制度にも反対を表明した。参院選を控え、小沢一郎幹事長は全ト協に融和姿勢を見せており、小沢氏と距離を置く枝野幸男行政刷新担当相らが出した結論が、今後、党内に波紋を広げる可能性がある。

 ただ、事前に用意された論点整理では、副大臣通知が説明されていたが、25日に会場で配布された論点整理からはなくなっていた上、判定でも通知の是非には踏み込まなかった。刷新会議側が微妙な政治的判断をした形跡もうかがえる。

 事業仕分け第2弾終了後、枝野氏は記者会見で「国の情報公開の対象にならずガバナンス(運営)に直接関与できない(法人がある)。抜本的に見直さないといけない」と述べ、国費投入や権限付与で政府の業務を代行する法人のあり方を見直す考えを示した。前半で対象にした独立行政法人に関しては、6月に改革案を打ち出す方針。【影山哲也】

【関連ニュース】
事業仕分け:高額コピー見直し…司法協会請負事業で
事業仕分け:省庁側の見直し「甘い」、廃止判定は12事業
事業仕分け:競輪2事業「廃止」…後半3日目
事業仕分け:無駄改善できるまで宝くじ「発売禁止を」
事業仕分け:労働者健康支援事業など「廃止」 後半2日目

朝鮮学校への街宣「地裁決定違反は100万円」(読売新聞)
社民暴走 離脱恐れ首相が免罪符(産経新聞)
オーストリアに学ぶこと……それは林業のチカラ(Business Media 誠)
鳩山首相、対北制裁措置の検討指示=哨戒艦事件で安保会議(時事通信)
<税務署員>確定申告書を放置、書類偽造…減給処分に 愛知(毎日新聞)
[PR]
# by saeyk8g6qu | 2010-05-28 23:58
 3月13日付の当欄で、「家庭のコンロをフル活用」という記事を掲載したところ、「魚焼きグリルでゆで卵を作る方法を知りたい」「においは移らないのか」といった問い合わせをいただいた。そこで再び、大阪ガス本社内のクッキングスタジオを訪ね、グリル活用のコツを聞いてみた。

 まずは、グリルの仕組みから。グリルは四方を囲まれた空間で、そこに直接炎が上がるため短時間で庫内が高温になり、約400度にもなる。「これがグリルの利点。おいしさにつながるんですよ」と大阪ガスリビング事業部の正田一貴さん。高温の気体が対流する上、炎の遠赤外線効果もあり、焼き魚をおいしく仕上げるような仕組みになっている。「魚に限らず、表面はかりっと、中はジューシーに仕上げたい食材の調理に活用できます」

 気になるのはにおい。魚を焼く空間で、パンを焼いたら、魚のにおいが移ってしまうのではないか。「加熱中は、食材から水分が外に出ていく力のほうが強いので、においがつくことはありません」と正田さん。ただし、「庫内が冷めてきたら、においを吸収します」。火を消したら、すぐに中から食材を取り出すことがポイントだ。

 さて、グリルをつかって、どんな料理ができるのだろう。同社のホームページ上の「グリル料理レシピ」をみると、タンドリーチキン、グラタンから、酢豚、ピザ、それにチョコレートプリンやチーズケーキまで30以上の料理を紹介している。

 中でも目を引くのは、ゆで卵。ゆでなくて、グリルで卵ができるのだろうか?

 大阪ガスクッキングスクール淀屋橋のインストラクター、福本朋美さんに実際に作ってもらった。まずぬらしたキッチンペーパーで卵を包み、さらにアルミ箔(はく)で包む。その状態でグリルに入れ、両面焼きグリルなら上下強火で8分、火を消してから10分間そのまま保温。すると、ほどよく半熟のゆで卵ができあがり。「ひとつだけゆで卵をつくりたいときなど、本当に便利ですよ」と福本さん。

 帰宅して早速、グリルでゆで卵に挑戦した。習った通りに包んでグリルに入れて、約20分後、取り出してみると…ちゃんと黄身の部分が真ん中に収まった、プリンとしたゆで卵。ゆでる以上に、上手にできたことに驚いた。

 なお、グリル調理のあとは、庫内の掃除を忘れずに。グリル内にたまった油や汚れは、火事の原因となることもある。「こまめな手入れを心がけていただきたい」(同社)という。(岸本佳子)

【関連記事】
スペアリブ・バーベキュー 野外ガーデンパーティーの定番
人気メニューは価格もアップ 米に「株式レストラン」
【牧野直子の健康ごはん】秋鮭ときのこのパスタ他 健康効果たくさん うれしい魚
粗食はNon! おいしくアンチエイジング
「調理が人類を進化させた」 ハーバード大教授インタビュー
少子化を止めろ!

「人間の鎖」普天間を包囲、無条件返還訴え(読売新聞)
法廷内で精神鑑定 大阪・住之江の死体遺棄(産経新聞)
うつ病が回復しない原因、「自分の性格」と考える患者が7割超(医療介護CBニュース)
10億円着服容疑で逮捕=近鉄子会社の元社員−大阪地検(時事通信)
医療安全共同行動、「医療人全体の運動」に(医療介護CBニュース)
[PR]
# by saeyk8g6qu | 2010-05-20 16:23
 8日午前9時35分頃、愛知県半田市馬捨町の市道脇の草むらで、同市板山町、会社員山本博三さん(50)があおむけに倒れ、死亡しているのを通行人の男性(35)が見つけた。

 靴を履いていないことなどから、県警は死体遺棄事件とみて捜査本部を設置した。

 発表によると、山本さんは、死後数時間が経過していたとみられる。黒色ジャンパーにズボン、ネクタイ姿で、着衣の一部が破れ、運動靴の片方が約18メートル離れた草むらに落ちていた。口と鼻から出血していたほか、額に複数の擦り傷があった。県警は9日に司法解剖を行い、死因を調べる。

 山本さんは父(76)、母(76)と3人暮らし。7日午後9時半頃、勤務先を退社して車で帰宅、車は自宅近くの駐車場に止めてあったという。

反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)
交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕−三重県警(時事通信)
普天間移設、仲井真知事との会談始まる(読売新聞)
<民主党>山岡氏「普天間は雲の上の話」と発言 抗議で撤回(毎日新聞)
[PR]
# by saeyk8g6qu | 2010-05-13 04:14